妊婦さんの胃痛時の食べ物は? (胃もたれ・胃痛の対策)

妊婦さんの胃痛の時の食べ物はどんなものがあるでしょうか。胃もたれや胃痛の対策をご紹介します。

ninpuitsuu2

1. 妊婦さんの胃痛とその理由

妊娠中でつらいことといえばまず「つわり」ですね。

気持ち悪くて吐き気があって、ムカムカします。

吐いてしまうこともありますね。

そしてつわりと関係しますが次にイヤなのが「胃もたれ」や「胃痛」ですね。

つわりと胃痛はセットのような気がします。

食べて、気持ち悪くなるのがつわりですが、つわりの時期が終われば終わったで、この胃痛に悩まされます。

食後に胃酸がこみ上げてくるんですよね。

ただ、吐き気はなくなる時期なので、食べたくないわけではないのですが。

この胃痛ですが、ホルモンバランスの変化が原因と言われています。

そのため消化器の働きが低下して、胃がもたれたり胃痛がするんだそうですね。

さらには、大きくなってくる胎児が子宮を拡張させ、その結果、胃が圧迫されます。

体の上の方に胃が押し上げられてしまうんです。

そうするとつねに胃に負担がかかるわけですね。

胃もたれ感もアップするでしょう。

続きは後半へ


スポンサーリンク


2. 胃痛や胃もたれの対策 (食べ物など)

妊婦さんの胃痛には注意が必要ですね。

なぜなら薬が飲めないので、なんとかして生活習慣の中で対応していくしかないからです。

消化のよいものを食べる

当たり前ですが、消化のよいものを食べるほうがいいです。

洋食の脂っこいものよりは和食の方がいいでしょう。

脂肪は消化するのに時間がかかりますし、胃腸への負担も大きいからです。

思いつくものとしては、ヨーグルトや豆腐ですね。

それから、うどんやそばなどもいいでしょう。

煮た大根もいいですね。

おかゆなどもよさそうですが、おかゆは意外と消化が悪い、という説もありますね。

あまりに水分が多いと逆に胃腸には負担、と考える人もいるようです。

妊娠期間に白いごはんが苦手になる人も多いです。

納豆もよさそうですが人によって好き嫌いがありますので

お好みに合わせるといいと思います。

肉類は避けたほうが良さそうですね。

動物性たんぱく質は魚がいいかもしれません。

牡蠣(かき)が意外と胃腸には良いようです。

胃酸の分泌を抑える働きがあるそうですね。

姿勢など

食後にはすぐに横にならないほうがいいでしょう。

すぐに横になると胃痛になる人が多いですね。

食後はしばらく椅子に座った姿勢でいるといいかもしれません。

それから、おなかへの負担もなるべく少なくしましょう。

圧迫しないようにするといいですね。

意外と「かがむ姿勢」をついしてしまう人がいますが、

胃への圧迫や負担が大きくなるので注意してください。

そんなところでしょうか。

あと、

胃がムカムカするからといって、

水分をとり過ぎないようにしましょう。

お大事にしてくださいませ。。


スポンサーリンク




コメントを残す




一 × = 7